2017年10月9日発売
「花とネオンep」
より、リード曲
「キツネ倶楽部」
のMVを公開しました。

是非沢山見てみてください。

【キツネ倶楽部】解説
・小粋でおしゃれなポップスが得意な私の音楽のルーツは実はジャズであり、ずっと書きたかったビッグバンドアレンジでセクシーに日本を描いた。
 長唄「那須野」を題材ヒントに仕上げたこの曲で、女の「化ける」姿や、艶やかな強さを是非堪能してもたいたい。
 小粋なメタファーや台詞口調の歌唱特色をもつ古典邦楽の魅力のポップスへの落とし込み、ペンタトニックである三味線がジャズにいかにマッチするかの多様性、これらをこの一曲でスマートかつ魅力的に具現化することが叶った。
 三味線や古典邦楽が特別や高尚という意識から、ポピュラーになる日にまた一歩近づけたはずだ。
 この歌をステージのスポットライトに浴びながら歌うと、私自身「化ける」楽しみを覚える。